オタクおやじの独り言... パソコン、カメラ、スタートレック、特撮、SF、グルメなどなど
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、小型のカメラバッグをオークションで買いました。

DOMKE F-5XB

DOMKE(ドンケ)というアメリカのメーカー製で、帆布を使った素朴なデザインです。すでにこれより大きなタイプを使っていて、それがとても使いやすかったので今回は小振りなタイプを買うことにしました。

実は最近、娘もカメラに凝りだしまして、本当は娘用にと思ったのですが、本人は「それよりキャスのバッグが欲しい!」と言うので、「なら貸してやらん!」と自分用に使うことにしたのです。 ちょうどSONYのビデオカメラを買っていたので入れてみると、これがピッタリ! カメラ本体とACアダプター、ワイコンレンズなどがちょうど収まるサイズでした。逆に大型の一眼レフはちょっとキツイです。

まっそのうちに娘に取られそうですけどね。
スポンサーサイト
OCと言っても今流行のアメリカのテレビドラマではありません。パソコンの「オーバークロック」のこと。つまり規定の周波数(クロック)以上でCPUを動作させて、パソコンの使用効率を上げようとすることです。元々は、安価なCPUで高いCPUの代役をさせようと始まったのですが、最近ではどこまでクロックを上げられるかという「競争」が目的になっていたりもします。

最近の市販マザーボード(パソコン基盤)は、このOCを「売り」にしている物が多く、私が現在使っているGIGABYTEのGA-EP45-UD3Rというボードも中級価格帯ですが「最強のオーバークロックマザーボード」が謳い文句です。
私も過去に何度かOCを試していますが、リスクが高い割に効果があまり感じられなかったので、最近はやっていませんでした。しかし最近はCPUスピードが物を言う動画(特にAVCHDなどのハイビジョン映像)のエンコードをよくやっていますので、ちょっとOCに興味が出てきていました。そこで試しに3GHZが規定のCore2Quad,Q9650を、3.3GHzにしてみたのですがBIOS起動はするもののOSが立ち上がらなかったりするのですぐに止めました。

しかしどうもあきらめ切れず、メモリをOCに適した物に換えてみることにしました。ちょうどAmazonで私の好きなメーカーであるTranscendのaXeRAMというDDR2-1066のメモリが安くなっていたので購入。

載せ替えてOCしてみると、3.3GHzはあっさりクリア、3.6GHzにしても何の問題もなし。そして今日はエンコード予定が沢山あったので、ついに4.05GHzに挑戦、CPUファンの回転数が少し上がっただけでこれもすんなりクリア! 半日ほどそのまま使いましたが負荷が掛かってCPUの使用率が100%近くになるとCPUの温度が50度(通常は30度前後)を超えましたが、それ以上上がる気配もなく不具合もなしでした。スゴイ! 今までメモリはバルクではないにしても最低限のものしか使っていなかったのであらためてその重要さを思い知らされました。aXeRAMは良い買い物でした。

ちなみにCPUファンは、ZalmanのCNPS9900 LEDを使っています。これも確実に冷えて取り付けも簡単・確実なのでとても気に入っています。
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Mr.Spockのオタク日記 all rights reserved.
プロフィール

Mr.スポック

Author:Mr.スポック
私の名前はスポック。論理を愛する男である。しかし、その行動は非常に非論理的である。そんな私の趣味の世界を公開しよう。
長寿と繁栄を w

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。