オタクおやじの独り言... パソコン、カメラ、スタートレック、特撮、SF、グルメなどなど
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回はキンバーが出てきただけで浮かれてしまい大絶賛してしまいましたが、2話目を冷静に観てみますと、いろいろとアラが見えてきました。

■アラその1 指を掛ける?
 「トリガーに指を掛けないのは正解」と書きましたが、今回のお話しでは、目の前に今にも発砲しそうな敵がいるに、まだトリガーに指を掛けずにまっすぐに伸ばしていました。これはいくらなんでも可笑しい。これでは発射のタイミングが遅れてしまいます。

■アラその2 銃の持ち方
 小栗君が銃を構える際に、銃の左側(後ろから見て)のスライド部分(発射すると素早く後退する)に指が当たっていました。これでは発射した際に擦りむくか、最悪ケガをしてしまいます。あり得ない握り方です。

■アラその3 銃の選び方
 本当なら前回書くべきでしたのに、キンバーで舞い上がっていて忘れていました。
 映画やドラマで主人公に銃を持たせる場合、その役柄や性格、俳優の体格などに合わせてチョイスします。つまり、持っている銃だけでその人物の性格やセンス、経済力などが表現できるのです。それだけアクション映画にとって銃のチョイスは大切なのです。もっとも良い例が、1995年のアメリカ映画『ヒート』で、ロバート・デ・ニーロにSIG P220、アル・パチーノにColt Officersを持たせたセンスは、今でも語り草になっています。

SIG P226 RL
SIG P226RL


 そこで今回の銃選びですが、小栗君のKimberは、アメリカ帰りというバックボーンと理屈っぽい彼の性格からしても大正解と言えるでしょう。問題は水嶋君の方です。彼の使っているSIG P226という銃は、ドイツ製で高価・高性能と言われています。チャランポランでどう見ても金持ちには見えない水嶋君が持つ銃としては不釣り合いです。これを持つ人は、もっと理知的で金持ちでないといけません。彼の体格からしても大きすぎます。しかもライトも付けてないのにレール付きとは、増々訳が分かりません。
 で、私なら以下のような銃を選びますね。

Beretta M8000クーガー
ベレッタ M8000 クーガー


Beretta M84F チーター
ベレッタ M84F チーター


どちらもイタリアのメーカー、ベレッタ製です。女好きでファッションを気にする水嶋君演ずる刑事には、絶対イタリア製の銃が似合います! しかも体格からして、あまり大きくないこの2機種が最適だと思うのですが、いかがでしょう。ついでにグリップ板(手で握る部分)もおしゃれな木製に変えたりするとグッドですね。

M84F用、木製グリップ M84Fに木製グリップ装着

中のメダルをもっと派手なもの変えるとさらに良いでしょう。

さて、小栗君役が使っているKimberに関しても、新たな発見がありました。

■発見その1 アンビセイフティー
 Kimberの元となっている Colt M1911 通称ガバメント(マニアはガバと呼ぶ)には、コックド・アンド・ロック(Cocked and Lock)という機能がありまして、引き金を引いた状態で安全装置(セイフティー)を掛けて、解除すると即、発射できます。安全性と速射性を実現する便利な機能です。そのセイフティーは銃の左側だけに付いていて、右手の親指で操作します。しかし、左利きの人や、競技で左手で持つことが義務づけられる場合などで、セイフティーが右側にも欲しい場合があります。よってカスタムガンの多くには両側にセイフティーを付けます。これを「アンビ・セイフティー」と言います。アンビとは「両側」みたいな意味です。東京DOGS2話目を見たときに、このアンビ・セイフティーが確認できました。

Kimber Tactical Custom II
Kimber Tactical Custom II


■発見その2 マガジン・バンパー
 弾を込める弾倉をマガジンと呼びます。このマガジンを素早く交換する際には、空のマガジンはそのまま下に落とします。すると、傷が付いたり、へこんだりする恐れがあるので、競技などではマガジンの底にクッションとなる「マガジン・バンパー」というものを取り付けます。小栗君のKimberにも取り付けてあったのを確認しました。

 となると、このKimberは、LAPD-SWATの市販モデルである「Custom TLEII」をモデルリングしたのではなく、上の写真の「Tactical Custom II」を再現した、ということになります。問題はグリップの形状だけですね。次回、注意してみてみましょう。



スポンサーサイト
小栗さんが使うキンバーモデルは、タニオコバというトイガンメーカーが制作会社から頼まれて、自社製品のGM-7というモデルガンをベースに作ったカスタムモデルです。バンパー付マガジンは、タニオコバオリジナルの8マキシマガジンです。コバさんのHPのブログでも、小栗キンバーの紹介がされてますよ。
【2009/11/19 Thu】 URL // 名無しですが? #X.Av9vec [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます!
なるほど、タニオコバのGM-7ですか!
私はてっきり、新日本模型のキンバーTLEが元だと思ってました。
これならマガジンの説明も付きますね。納得です。

GM-7は、ちょうど先日、ガンショップで手に取って、買おうかどうしようか
さんざん迷ったモデルです。しっょぷのマスターの話しでも調子はよいと
のことでした。劇中でも元気良くダブルタップが決まってますからね。
やっぱり買おうかな?...
【2009/12/04 Fri】 URL // スポック #- [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/11/25 Thu】 // # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://spockblog.blog81.fc2.com/tb.php/22-580a266c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Mr.Spockのオタク日記 all rights reserved.
プロフィール

Mr.スポック

Author:Mr.スポック
私の名前はスポック。論理を愛する男である。しかし、その行動は非常に非論理的である。そんな私の趣味の世界を公開しよう。
長寿と繁栄を w

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。